消費者金融などの金融機関からたくさんの借金をしてしまい、分割返済をしても返済することができない場合は自己破産を考えなければなりません。

そして自己破産の手続きをすると自分の負っている借金は免除してもらうことができるのですが、その代わりに自分の所有していた財産の中で必要最低限の物以外は差し出さなければなりません。

そのため自宅を所有している場合はその自宅も差し出す必要があります。

注目はこの闇金 滞納に書いてあります。

しかし債務整理の方法で自宅を守りながら手続きをする方法があり、その方法とは個人再生です。

個人再生とは主に倒産しかかっている会社がする民事再生手続きの個人版とも言える手続きのことです。

そして個人再生の手続きで債務整理をするためには条件がいくつかありますが、まず無担保の借金が5000万円以下という条件があります。

それから基本的に継続的な収入を得ているということも条件になります。

そのためこれらの手続きは会社員や自営業者など普段仕事をしていて継続的な収入を得ている人がすることができます。

Copyright © 2002 www.resist-official.com All Rights Reserved.