お店でどれもの所有カードが決済できるのでもありません。ライザップ 池袋

▼カード会社の契約店舗は一般的には、二、三以上のカードの運営会社と契約しているわけですが、みなの契約店舗で全ての運営会社のカードが決済できるのではありません。ライザップ 千葉

例をあげていうと以前からある加盟店舗の際だとJCBマークの付いたクレジットカードしか使えないときもあるし、最近の契約店の場合VISA、マスターといった印の入ったカードだけしか使用不可な場面もあるでしょう。

銀聯カードに類するクレジットカード会社の場合にはよけいに決済できないショップが増えるのではないでしょうか。

何のブランドの所有クレカが決済可能かというのをいかに確かめたらいいんだろう?「ならばどうやってどの所有カードが決済できるかを見たらいいか?」というとちゃんと判断するとしたらそこの担当者にお見せしてみるのみしかないというのが残念だけどその答えになります。

とはいえおおよその売り場やショッピングモールには加盟店のエントランスのところとかに使用可能なクレカ会社の印がプリントされている加盟シールがある理由から、「ああ、あそこの店舗はダイナースカードが切れるんだ」といったことが迷わないようにされているので確認していただきたい。

しかしながら、十分に管理が出来ていないショップの場合には、シールが掲載されているお店でも「当店では××カードはお使いいただけません」といった答えをもらう状況もあるわけでメンツを失うようなこともなくもないですね。

余裕があればできる限りは十分な数の加入店でカードが使えるようにするために、異種のマーク(インターナショナルなブランド)が入っている一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナースカード、等のクレジットカードを2、3枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例として:セゾンカードを契約しているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付属のクレジットカードを使用するなど)。

特に国内ではVISAカード、MasterCard、JCBの3つのロゴが書いてあるカードを日ごろから所持していれば、よほどのことがない限りほとんどの加入店舗でどれかしらのクレカを提示するよう準備できていることになります。

クレカを活用して日々マイル取得を継続していくには確実にこれらのクレカを財布に忍ばせておいて損はないでしょう。

Copyright © 2002 www.resist-official.com All Rights Reserved.