クレカを利用していると月ごとに、契約カード会社から利用代金明細が送られてきます。その明細書内容にはどの店舗で何時何分に何の品にいくら分払ったのかに関する明細が書かれているため、さかのぼって切った支払いの履歴を一目することがたいへんたやすく実用的です。これ一本で使うにはある意味使いにくいに違いませんが、ミニカード利用の成績表っぽいものにまとめることも可能なので家計管理の助けにもなると思います。且つ上記のカード利用代金明細郵送されてから2週間程度で未払い料金の引き落としがされるわけです。そのクレカ利用明細をよく注意していて、あれ?と思うような身に覚えのない決済、もし本当に使ったこともない項目が記載されていれば、指定窓口に電話をかけて確認すればいいことが多いでしょう。仮にカード犯罪などといったあなた以外の人の支払いが見つかった場合であっても使用者に何か理由(落ち度)がない場合は、大抵の場合はクレジットカード会社がその類の不明な利用を補償してくれます。近頃ではこういった利用明細書をWEB上で見ることができるクレジットカードが非常に多いです。いつ何を決済したかを把握する決まりにして第三者利用を未然に防止するだけでなく、家計簿の役目も果すので預金管理もこれでできてしまいます(専用ページで使用履歴を確認OKな会社は前の利用額や来月以降の請求額など照会OK)。クレジットカードはこういった面でも大変助けになるツールなのではないでしょうか。

Copyright © 2002 www.resist-official.com All Rights Reserved.